学術情報

2022.08.23

第3回 ペットの寿命と牛乳の給与

 現在のペットの平均寿命はイヌ・ネコともに14~15歳です。長生きのポイントとしては毎日の体調チャック、体重管理、適切な運動などいろいろあります。食事に注目した場合、市販のペットフードと手作りフードでは特に寿命との関係は認められませんが、牛乳の給与に関してはイヌ・ネコともに給与グループは長寿であるという報告があります。タンパク質、脂質、炭水化物はもちろん豊富なCa(カルシウム)を含む牛乳はペットの長生きに有用な食材です。

 

《犬と猫における長寿に関わる要因の疫学的解析》 

(出典:城戸佐登子ら 東京農工大学 2001年)

 

 15歳以上のペット(長寿群)および5~9歳で死亡したペット(対照群)の飼育者へアンケートを行い、長寿に関わる要因を調査した。この内、食事内容に関する項目としてフードの種類と牛乳の給与について見た結果、次のような成績であった。

 

○給与フードの種類

 

長寿群:犬

対象群:犬

長寿群:猫

対象群:猫

市販フード

50.0%

69.5%

65.3%

81.6%

手作りフード

50.0%

30.5%

34.7%

18.4%

 

○牛乳の給与

 

長寿群:犬

対象群:犬

長寿群:猫

対象群:猫

給与している

68.6%

37.2%

63.7%

42.2%

給与していない

31.4%

62.8%

36.3%

57.8%

ページの上部に戻る